【中学性日記 3巻】13時間目:田畑さんとトイレの王子様

ぶりりん


校舎4階
北側のトイレは
あまり誰も使わない


毎日必ず
昼休みになると
便意を催す
私にとって


そこは私にとって
とても大切な場所


ヤバイ!!
時間ない

何かお腹に
いれてかないと


ヨーグルトでいいや
ん?なんか酸っぱいな

うっ・・・
ウンチしたい

あ・・・あと
3分・・・
大丈夫・・・・・・
大丈夫

うう・・・
いつもならまだ
ウンチの時間
じゃないのに

早くチャイム・・・
チャイム鳴って~


号令とかいいから・・・


どどどうしよう
4階のトイレまで
行ってる余裕ないし

一番近い
トイレに


だ ダメだ
絶対ウンチしてるの
バレちゃう

で でも もう
他のトイレに
行くのはちょっと


いっ いやいや

男子トイレは
まずいって
それこそバレたら・・・


・・・で でも
バレなければ

(ギュルー)

キョロ・・・キョロ・・・
と誰も居ないことを確認


そ~~と
人気を確認し、


抜け脚差し脚で忍び込む


ついに、踏み越えてはならない領域に足を踏み入れる・・・


ギュルギュル!という悲鳴が腹内から聞こえ・・・

意を決して、
男子トイレの大便専用個室へ・・・


バタン!いう音が響き、


誰も来ないことを懇願する遥

排泄音が聞こえぬよう、
水を流すことは怠らない。


ほぅ~~~

無事に排泄を済ませ、
誰も来なかったことに
安堵のため息が思わず漏れる


誰も入って来なくて
良かった~
あとは出る時に
気をつけて


ん?


トイレット
ペーパーが
ない!!

この後
隣の個室にイケメンが入り、
トイレットペーパーを渡してくれて、
女子であることもバレずに窮地を脱します。

女子中学生の排泄事情が
1話全ページに書かれていました(*^^*)

 

 


中学性日記 : 3 (アクションコミックス)

 作者:シモダアサミ

【内容紹介】
第二次性徴ど真ん中の中学生を描いた、思春期オムニバス第3巻!ゲラゲラ笑っちゃうものから、思わずグッときちゃうものまで。誰もが抱えていたおバカで愛しいあの頃の悩みに、元男子も元女子も、きっと身悶えしちゃうはず!!