【まんだら屋の良太 18巻】第3話:男女学生交際

私たちの愛は
誰にも理解して
もらえんのやね


ふたりの愛を守るためには
やっぱり心中しかないみたいやね

 


睡眠薬持ってきとる?

うん金庫に入れとる

 


飲もうか

 

 


遺書を書いて心中

 

 


私たち運命の赤い糸で
結ばれたまんまやねー

 


あたし
おトイレ




(ゴロ・・・ゴロ・・・)

 


はよほどいて

 

堅結び
しとるけ
ほどけんよ

 


オナカヤバス(;´Д`)

 


腹痛が限界を超え
足掻く谷口さん・・・

 


大をするために
大の男をズルズルと
引き摺る大の女

 


神様に
祈るように
手を伸ばすも・・・

 


ズビー・・・

祈りも虚しく
下品な音が響く・・・

 


神さまひどい・・・

 


こ、これが
ボクの天使か・・・

ブチブt・・・
ビーーー・・・
ビリビリ・・・

女が出したとは
思えない汚い排泄音を
最愛の男に聞かせてしまった・・・

 


そんな状況を
知らずに鍵を開けた

 


なんも
なかったら
ゴメン

 


扉を開けると
嗅ぎ覚えのある
異臭が鼻を突く・・・

 


あまりの臭さに
ハンカチで鼻と口を覆った・・・

 


フローリングには
臭元と思しき
糞尿が散乱していた。

 


激臭の先には・・・

 


全裸でシャワーを浴び、
下品な醜音を出し続ける女と

気を失ったように
横たわる男の姿が。。。

 


上の穴からは「ぶちょ~~」
下の穴からは「ブチョブチョブチョ・・・」

奇しくも同じ言葉を発した。

 


お尻で呼びなさんな!!

 

 


 作者:畑中純

【内容紹介】
間抜けなようでいてどこか大人びたところのある、温泉宿「まんだら屋」の一人息子の良太。
背伸びをしたいお年頃だけどどこかシャイな「月亭」の娘・月子。この2人を中心に据えた九鬼谷温泉郷を舞台に、
一癖も二癖もある人間たちが巻き起こす人情とペーソスとお色気の一大ドラマ

 
まんだら屋の良太(18)より

 【目次】
▼第1話:歩行者天国(ほこてん)
▼第2話:うつむき少女
▼第3話:男女学生交際
▼第4話:残り火
▼第5話:夢幻行
▼第6話:幸福
▼第7話:青空
▼第8話:女良太
▼第9話:穴