【人間兇器 16巻】P34&P77

 

 

 

 

どうしても気がすまないのなら

諦めるけど

その液は少量にして……

 

 

 

 

やめて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶカエル腹になったねぇ

 

 

 

悪魔の栓の出動!

 

 

グルル…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サドがサドを責めいたぶる……

これぞサディスト最上の法悦境なり

 

 

お………

お願い!

 

 

なんだ?……

 

 

させてえ!

 

 

させて?

何を……

 

 

排泄を!

 

 

二種類あるけど

どっち?

 

 

大よ……

大のほう!

 

 

具体的に言いなッ

具体的に!

 

 

ウ・ン・コ

させてえ……

 

 

該当シーンは
Kindle Unlimitedで読むことができます。

 作者:中野喜男、梶原一騎

【内容紹介】
昭和三十年、横浜――。複雑な家庭環境に育った中学生・美影義人(みかげよしと)は一日のうちに、喫煙を注意する担任教師を便所に叩き込み、告げ口した女生徒の下半身をさらし尻に怪我をさせ、さらに伊勢佐木町でケーキを万引きしたところを追ってきた米兵をドブ川にぶち込み、とやりたい放題の暴れっぷり。ついには補導され,取り調べする警部補に頭突きをかましてのけ、少年鑑別所へ送られる。しかしそこでも凶暴な非行を重ねて傷害事件を起こし、特等少年院に収監されることになるが……? 金と権力、暴力で人生を歩む野望を持った美影義人。少年院を出た後、空手の師匠・大元烈山と出会うも、その師匠をも何度となく裏切って犯罪を重ね、世界的に警察や烈山から追われる身となる。それでも「人間兇器」として、悪の成り上がりを目指す美影義人。彼の往く路に待つものは―― !? 格闘技、プロレス、犯罪、裏切り、恐喝、裏社会、政治、恋愛、強姦、絆――。梶原一騎の要素総ての総決算たる幻のピカレスク空手ロマン、ファンの期待に応え、ついに復活を遂げる!