【HeRaLD 上巻】7th Night:殺戮の <野獣館>

 

 

 


あッ 痛たた・・・・
お腹が・・・・

 

 

何よ!
こんな時に

 

 


ここでちょっとCMです

 

 


10分で戻る(長いけど)

 

 

大丈夫かい!? 腹痛!?

 

 

うまくつないどいて

 

 


イタタタタ

 

 

どうしたのよ急に・・・

 

 


ん?

 

 


何か・・・
胸騒ぎが・・・
収まらない・・・

 

 


 作者:イダタツヒコ

「おぶさりさんよ、おぶさりさん。真っ赤に熟れたら福がくる。吹かれて落ちたら鬼がくる。誰の背中で唄おうか」────わらべ唄と共に現れ、問答に答えられない者を殺害する「ざくろヒメ」。その都市伝説を追っていたホラー小説家兼DJの笛吹カゴメのラジオ番組の生放送中、ざくろヒメの情報を伝えようとした男が惨殺される。その時から、カゴメの身辺に現実の連続殺人犯としてのざくろヒメの影が次第に近づいてくるのだった。

 

HeRaLD(上)より

 【目次】
▼1st Night:闇に蠢くもの ・・・003
▼2nd Night:ゴーストストーリー ・・・035
▼3rd Night:なにかが道をやってくる ・・・053
▼4th Night:ミザリー ・・・071
▼5th Night:暗い森の少女 ・・・089
▼6th Night:致死性ソフトウェア ・・・107
▼7th Night:殺戮の<野獣館>・・・125
▼8th Night:グール ・・・143