【魑魅(すだま) 下巻】時の種子の巻

魑魅 下巻のうんこシーン

魑魅 下巻
005…餓鬼の巻
037…人魚の巻
069…時の種子の巻
101…怪画の巻[前編]
131…怪画の巻[後編]
163…<特別作品>下闇の香り
195…<魑魅の素>1968年の標本ビン

時の趣旨の巻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ピキーン!)

何の脈略もなく、突然に、

腹部に悪寒を感じた・・・

 

 

(な……なにこれ!?)

あまりの激痛に両の手で腹を抱える摩未

 

 

(ト……トイレ)

(だめェ間にあわないい!!)

便の勢いと比べて厠までは到底間に合わないと悟り、

最後の手段とばかりに野生の獣と同じ要領で野に放った。

 

 

 

(はぁはぁ…)

高校生にもなって野糞したことに対する悲壮感

 

 

慌てて土をかぶせてブツを隠す摩未

 

 

(変な物食べたのかしら?)

見に覚えのない腹痛の記憶の糸を辿る摩未。

誰にも言えない秘密が出来た瞬間だった。

 

 

フラフラとぎこちない足取りで

温室を飛び出て人気の無い校舎を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

死角からのフラッシュの気配に気づいた摩未

 

 

(通称:変な2年生)

 

 

目が合っても写真を取り続ける男子高生

 

 

ぎこちない足取りで退散

 

 

(何か落とした!?)

 

 

(写真!?)

 

 

決 定 的 瞬 間 !!

 

 

(ど…どーしよう!!)

(あんなやつに撮られちゃったあ!!)

(こんなの他の人に見られたら生きていけないよお!!)

 

 

※ホラー苦手な人は閲覧注意です

魑魅【下】

▼005…餓鬼の巻
▼037…人魚の巻
▼069…時の種子の巻
▼101…怪画の巻[前編]
▼131…怪画の巻[後編]
▼163…<特別作品>下闇の香り
▼195…<魑魅の素>1968年の標本ビン