【山と食欲と私 3巻】33話:枝豆とウィンナーの炊き込みご飯

単独登山女子
日々野鮎美(27歳 会社員)

トイレに3回行きました・・・

お腹ぴーぴーで元気が出ない様子

 

 

少しは回復したみたいなので登山再開!

 

 


ぐぅぅ~
きゅるるるるる~

 

 


こんなガレ場で
お腹のサイレンが・・

 

 


もし落石が起きたら

 

 


衝撃で・・・(盛れちゃう)

 

 


人前でお漏らしは・・・

 

 


ここが正念場じゃ~~っ・・・

 

 


大丈夫!? 顔色悪いよ?

 

 

同じ単独登山女子で
歯科衛生士の沙魚野マキと遭遇

 

 


恥じらっている場合でもないと思い、
この女性に事情を話してみると・・・

 

 

お腹の緊急事態に速攻性のある
ストッパ(市販薬)を頂きました。

 


漫画では伏せ字になってますが、
後にコラボすることになりました。

 

 

ストッパの公式サイトで
山と食欲と私 3巻を元にした
オリジナル漫画があります。

ストッパ公式サイト

 

 

気になる効能は?

よく効いたみたいです

 

 


1時間半も効果が持続し、
トイレに間に合ったみたいです(^^)

 

 


 作者:信濃川日出雄

第3巻の日々野鮎美は、山岳小説の影響で自分だけの行動食作りに励んだり、酷暑の低山で「焼きおにぎり」に挑戦したり、会社のレクで高尾山に登ったり、山村でのレストラン開業を夢見る親の元を訪ねたり、3泊4日で上高地からの奥穂高岳を目指したりと、ますます山と食欲まみれ。

 

引用元:山と食欲と私 3巻: バンチコミックス